トップ

シミの予備軍を撃退

シミ予備軍って何だろう

メラニン色素はシミ予備軍

女性が美と健康に気を使い始めるのは、何らかの体の変化を敏感に察知した時ではないでしょうか。特に30代ともなると、若さだけで乗り切っていたいろんなことが、ケアをしないと乗り切れなくなってきたように感じます。

自分の肌に自信が持てなくなると、30代はお肌の曲がり角というような言葉にも素早く反応してしまいます。実際に、美容商品の宣伝にも「30代からエイジングケア」「年齢肌」などという言葉が頻繁に使われています。

女性がお肌の曲がり角と感じるタイミングのひとつは、自分の顔に今までなかったはずのシミを見つけてしまったときでしょう。目元や頬高の箇所に、うっすらとした茶色のそばかすのような点を見つけて、気持ちがグンと落ち込んで、早急にシミ対策をしたい衝動に駆られます。

突然に表れたように感じる顔のシミですが、実は表面に合わられてくる前に、すでに顔の皮膚の下でシミがじわじわと進行しています。その皮膚の下のシミの元が、時間がたって表面に達したときに、初めてシミとして認識されるのです。この顔の皮膚の下で徐々に増えているシミを「シミ予備軍」と呼んでいます。効果的なシミ治療の方法ならこちら。

では表面に現れる前のシミ予備軍の正体とはいったい何なのでしょう。答えは、皮膚を攻撃する紫外線の侵入を抑えようとして、皮膚で生成されるメラニン色素が沈着したものです。

顔にブラックライトを当ててみると、小さなシミが点在しているのを確認できます。ただ、このメラニン色素の点は、皮膚のターンオーバーによってなくなるものもあるので、メラニン色素のすべてがシミに変わるわけではありません。

シミそのものは、紫外線の侵入を防ごうとする体の機能です。シミ予備軍が多いからと言って、すべてを消さなければと不安になることはありません。むしろ、正しいシミ対策を施すことの方が重要です。無料肌チェックなどでシミを指摘されて、化粧品をやみくもに使いまくるのではなく、正しいシミ対策を選ぶことが重要です。